映画『人狼ゲーム デスゲームの運営人』予告&ポスターが完成

映画

本作は、土屋太鳳、桜庭ななみ、仲野太賀、森川葵、佐久間由衣、加藤諒、浅川梨奈、武田玲奈など多くの人気俳優を輩出してきた『人狼ゲーム』シリーズ最新作。シリーズ初、男性を主人公に“人狼ゲーム”運営人の裏側がスリリングに描かれる。今回、主人公・正宗役を務める小越勇輝は、大ヒットドラマ「弱虫ペダル」(スカパー!)での主演以降、ドラマ「腐女子、うっかりゲイに告る。」(NHK)や映画『劇場版ドルメンX』など、続々と話題作への出演を果たす注目の若手実力派俳優。ほかにも中島健、ウチクリ内倉、坂ノ上茜、桃果、山之内すず、福崎那由他などネクストブレイク必至の若手キャスト陣が集結した。また、シリーズ累計150万部を誇る原作者・川上亮自ら脚本・監督を務め、多くのバラエティ番組でゲーム指導を務めてきた人狼ブームの立役者・児玉健が劇中ゲームを指導し、よりリアルで本格的なゲームが展開する。

解禁されたポスタービジュアルは、メインに“ゲーム運営人”と“9人の参加者”が疑心暗鬼にこちらをにらみ、それぞれの思惑が複雑に交差していくスリルと緊張感が漂うデザイン。

また、予告映像は小越演じる運営人・正宗が愛する人を救うため奔走する緊迫のドラマを期待させる内容になっている。いつも通りゲームの運営にあたっていると、元教え子・夏目柚月(桃果)が参加していることに気がつくところからストーリーが展開していく。運営人の琥太郎(中島健)からの助言やゲーム参加者・末吉萌々香(山之内すず)の言動や一ノ瀬悠輝(福崎那由他)らゲーム参加者たちの戦術に翻弄されながらも、柚月へ必死にヒントを与えようと駆け回る。しかし、参加者たちのゲームは混沌を極める予測不能の展開に―。果たして究極の条件の下、彼女を勝利に導くことはできるのか?!

映画『人狼ゲーム デスゲームの運営人は、11月13日(金)よりシネマート新宿・心斎橋ほかにて公開。

<ストーリー>
命がけの人狼ゲーム。それは、ネットや拉致によって集められた未成年の参加者が、勝敗と賞金を賭け騙し殺しあう〈究極〉のデスゲーム。「運営人」の正宗は家庭教師時代の教え子・夏目柚月が参加させられていることに気づく。『彼女を救いたい。運営本部に殺されてもいい。』そう考えた正宗は秘密裏に柚月にヒントを伝えていく。しかし、ほかの参加者たちの戦術に翻弄される柚月。そして正宗は運営側の思いもよらぬ陰謀に巻き込まれていく―。果たして究極の条件の下、彼女を勝利に導くことはできるのか?!

映画『人狼ゲーム デスゲームの運営人』
出演:小越勇輝 / 中島健 ウチクリ内倉 花柳のぞみ 坂ノ上茜 / 桃果
   朝倉ふゆな 森山晃帆 星れいら 山之内すず 三山凌輝 森本直輝 黒沢進乃介 福崎那由他
原作・脚本・監督:川上亮 企画・配給:AMGエンタテインメント
© 2020「人狼ゲーム デスゲームの運営人」製作委員会
公式サイト:https://jinro-game-episode8.com/
2020年11月13日(金)よりシネマート新宿・心斎橋ほか公開!